四十路☆ぐーたら女のひとり暮らし

四十路♀のぐーたら記。 節約生活を追求中!

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなあなたはペイリン?

2008/10/17 Fri [Edit]

■今日の食出費             3742円
[生協にて]
20081017_1.jpg
 *野菜セット 398円
 *不揃いニンジン 180円
 *タマネギ2キロ 380円
 *国産ニンニク 798円
 *不揃いシイタケ 330円
 *冷凍アサリ 298円
 *送手数料 189円
 ーーーーーーーーーーーーー
 計 2573円

[業務系スーパーにて]
20081017_2.jpg
 *酎ハイ 95円
 *ビール 98円
 *コーヒー1kg 798円
 *モヤシ 22円
 *ピーマン 78円
 *ナス 78円
 ーーーーーーーーーーーーー
 計 1169円

■今月の食出費累計           10810円
■一日あたり              636円(10/1~10/17)
 ※外食費は含まれず

※以下、身元がバレない程度に脚色している部分アリです。

知人の知人程度のお付き合い(お互いに顔と名前は知っていて、会えば立ち話をする程度)の女性がいる。
彼女は修士or博士の学位を持つ、ある分野の専門家。
夫は、学会先の飲み屋で出会った地元密着型の職人さん(弟子多数)。
で、子だくさん(4、5人?)。

結婚してから十数年は、子育てと職人の嫁としての役割をこなすのにテンヤワンヤだったためキャリアも中断しがちだったが、ここ数年は子どももほとんどが独立し、義両親も看取ったため、時間に余裕ができた。そこで象牙の塔に本格復帰したところ、専門が社会学の領域であるとともにユニークな生き方をしてきたことが重なり、地元で注目の文化人になってしまったのだそう。町おこしのシンポジウムで発言したりもしていたらしい。

そうしたらある日、というか最近…。
いくつかの政党から、
選挙に出ませんか? のオファーが相次いでいるんだって。

で、ちょっと前までは
「あなたなら日本のサラ・ペイリン(USAアラスカ州知事・共和党の副大統領候補)になれますよ」 が誘い文句だったんだって。
たしかに夫が地元人間であること、子だくさんであるところはペイリンぽいけど、それ以外の部分(彼女自身の生き方も容姿も)は全然違う。「こんな言葉で誘われてもうれしかねーよ」と思っていたら、ペイリン女史のボロが出まくって、もう言われなくなったそうだ。

最近は「次の少子化大臣になれる!」だの「いずれは消費者大臣のポストに!」だのと言われているらしい。でも彼女の専門はもっと別の分野。「女だからって、生活レベルのことをふるんじゃねーよ」と怒っておられました。

どの党のリクルーターも、彼女の本質を見ないで誘ってはダメですよ。
というか、誘い文句にセンスなし。これじゃ女はなびかないのだ。



↓ランキング参加中です。よろしかったらぽちっとな↓
人気ブログランキング 節約・貯蓄
にほんブログ村 家計管理・貯蓄・節約





スポンサーサイト
Prev
人生初チヂミ
Top
四十路☆ぐーたら女のひとり暮らし
Next
久々ステーキ

Comments

>にゃんキチさん

ジュニアたちは票田となる地盤を開拓する必要がないから、本人の意志や資質にかかわらず、周囲の人たちによって安直に御輿にかつがれてしまいがちですよね。
今、少子化大臣をしている人だって、お父さんが総理大臣じゃなければ、こんなに早く閣僚になれるはずがないもの。というか、政治家として立候補するチャンスさえなかったのでは?
まぁジュニアであるという存在理由しかない候補者に投票してしまう人たちもどうかと思いますが…。彼女は「用意されたポスト」をこなすことに頑張ってほしいものです。
※別に彼女のことがキライなわけではありません。ただ「安直に選ばれたとしか思えない政治家」としてのイメージや、「女性ならではの視点」から選ばれたにすぎない閣僚の象徴、という意味でご登場いただきました。

満何らいふ、気の毒ですよね。
コンニャクは、そのままの形をしていればだれもが食べるときに気を付ける食材なのに、お菓子扱いになった途端、だれもが食べられるものだと勘違いしてしまうのかなぁ?
復活したら、私も応援買いしたいです。

○○Jr.たちもそんな感じで安易に選出されたんでしょうね
もうヤツラの周りには、クリーンなイメージの人間なんて、いないからでしょうか・・・

女は、女なりの観点があるわけで、
大臣や、首相になってくれたら、喜ばしいことではあるけれど、
ある程度ポストが決まっているっていうのは、どうなんでしょう
「消費者大臣」ちゅうのも、悪いけど、なんかみみっち~名前ですよね

満何らいふは、消費者のこっちがびっくりしたよ
なんで、今更、狙い撃ち???
数年前に事故が起きた時点で、改良されて、消費者にも危険の周知は怠っていなかったよね
すご~く好きなわけではないけど、
販売が再開されたら、応援の為に買ってみようと思う

>yumyumさん

候補者、どこでもそうというわけではないと思うけれど、安易に選ぶことはあるみたいですね。別の知人は「選挙資金として○円(単位はご想像におまかせします)用意できれば公認します」と言われたそうです。

女だから、男だからということだけで用意されるポストが変わってくるのはおかしいです。その分野に含蓄があるのなら、男の政治家が少子化大臣したっていいじゃん、逆に女性が農林水産大臣したっていいじゃん、と思います。

ペイリンになり損ねた知人は、少なくとも近々の選挙に立候補する気はないようです。

満何らいふつぶしは恨んでいいです。
だったらお餅だって同じぐらい危ないじゃん。

意外に簡単に候補者を見つけるもんなのですね。

いやー、日本のサラ・ペイリンでデビューしなくてよかったです。
消費者大臣も、今はキッツイですよね。
(満何らいふのこんにゃく畑をつぶした恨みは忘れんぞ)

男だったら「男児として生まれたからには日本丸の舵取りを」とか
つまんないセリフで誘うんでしょうか。
女性政治家が「女性の視点から」「主婦の視点から」とか
つまんねーことを言うのもよくないと思う。

でも、その知人の方が、ホントに暮らしやすい国作りをしてくださるなら
私からもぜひ、立候補をお願いしたいです。

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
四十路☆ぐーたら女のひとり暮らし

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

profile

ソユコト

Author:ソユコト
since 2008.1.1
四十路で独身で女でワーキングプアとどっぷり四重苦ですが、けっこうお気楽に生活しています。このぐーたらモードをなんとかしなければと思い、ブログを使って生活改善してみることにします。
********************
食費(とくに酒代)をどーにかして減らしたい!!!!
********************
2010年より実両親との2世帯同居を始めました。
********************
※管理人が不適切と判断したコメントは断りなく削除いたしますのでご了承ください。

journal

categories

archive

comments

trackbacks

links

RSSフィード

time & temperature

ブログ内検索

side job

鋭意努力中…

HREF= 



ポイント ちょびリッチ

マクロミルへ登録

新規モニター登録

       

アイヨウヒン

       

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。